人気がある二次会の景品ランキング

二次会 景品

結婚式や同窓会などパーティーの二次会で行なわれるビンゴ大会やくじ引きなどに用いられる景品を用意するのは幹事さんの悩みの種でもあります。限られた予算の中でゲストに満足してもらえる物を用意する必要があるからです。景品の数は少ないが一つ一つの品が高価なものが喜ばれる場合と、単価は安くても来てくれた方にまんべんなくいきわたる数を重視したほうが喜ばれる場合とがあります。また結婚式の後にある二次会の場合、引き出物を持ったまま参加する方も多くいらっしゃいます。大きいものが景品にあると荷物が多くなってしまい大変だと思う方もいらっしゃるわけです。遠方からくるゲストが多い場合では、金券や商品券など重くないもの、かさばらないものなどが喜ばれます。このように集まるゲストに応じて景品を選ぶことはとても大変な作業です。

二次会の景品にあると盛り上がる商品はどのようなものがあるか

ゲストに応じて景品を探すようにしますが、あると喜ばれるもの、この商品を目玉にするとパーティーが盛り上がるものにはどのようなものがあるでしょうか。集まる年齢層によってもその内容は変わってきます。例えば、10代や20代が多い二次会ではゲーム機やスマホのグッズなどが喜ばれます。また家電は一人暮らしをしている若者にとても重宝されます。ハンディー掃除機やビールのサーバー、珈琲マシンは独身者に嬉しい景品と言えるでしょう。年齢が上がり30代、40代になるとパーティーの会費も高くなってきますので景品も豪華なものが喜ばれます。ホテルの豪華ディナーチケットや旅行券もおすすめですし自分で選べるギフトなども良いです。健康志向に目覚める方も多くいらっしゃる年代になりますので折り畳み自転車などもおすすめと言えます。

二次会で喜ばれる景品の相場はいくらくらいが妥当か

年齢に応じて二次会で用意する景品は異なりますが、その金額も変わってきます。またその金額は会費によっても考えなければいけません。金額が低い会費なのに高い景品を用意してしまったら種類が少なくなり結果ゲストの満足度が下がってしまう可能性が高いです。例えば、10代や20代では二次会の会費が3000円から4000円前後という場も多くあります。そういった場合は前の会で食事をたくさん食べているようなら料理を少なくする、お酒を飲む人が少ないならドリンク代を控えるなど上手く調整を取りながら景品に回すようにすると良いです。なるべく数を多く用意するなら金額が安いもので楽しめるものを用意すると良いです。反対に会費が6000円以上の場では電化製品や旅行券などの目玉商品を高いものにすると盛り上がります。それ以外のものが多少安めのものでも一つの景品が高いとそれを目指して楽しむことができるわけです。

※配達地域・時間帯によりお受けできない場合もございます。 人気NO.1東京ディズニーリゾートペアチケット。 結婚式二次会の景品を楽々準備出来ます。 景品の組み合わせを自由に選べるカスタム景品をご用意しております。 リピーター割引実施中です。 貴方のパーティの盛り上がりのお手伝いをいたします。 常に最新情報を更新中です!営業時間は10:00~18:00、土日祝が休みとなっております。 二次会の景品なら二次会景品.comをご利用ください