幹事さん必見の二次会の景品選びの極意

二次会 景品

結婚式や忘年会などの二次会で幹事を頼まれた場合に、頭を悩ませる一つとしてゲームの景品選びがありますが、賢く気楽に準備出来る極意を何点かご紹介します。まずは、目玉商品を豪華に、誰もが喜ぶものにしましょう。一定の人たちだけに喜ばれるものではなく、カニやお肉などの高級食品や、話題の家電、テーマパークのペアチケットなど万人受けするものがお薦めです。目玉商品にしっかりお金をかけた上で、参加賞という名目でお菓子や洗剤などのプチギフトを多く用意しておき、ゲスト全員に行き渡るような配慮をしておきましょう。二次会は参加者が当日になって増えてしまうことも多々あります。少し多めに景品を用意して気をまわしておくことも幹事として大切なことです。あらゆる可能性を考えて景品を準備しておく必要があります。

二次会で豪華景品を準備する幹事さんの極意

景品の目玉となる、豪華景品を準備するにあたっての極意としては、パネルを準備しておくことです。大きな家電や冷凍物等はゲスト側の気持ちを考えて、パネル付き目録商品にすることがお薦めです。又、パネル付きとしたことで、ネットで景品を購入する際に会当日まで時間がなくとも、当日はパネルを渡すことで盛り上がり、後日景品を贈ることによってインターネットで翌日発送や短納期手配が可能となります。ネットショップは日中わざわざ出向かなくても注文が出来る点が最大のメリットです。予算内で多くのゲストの皆さんに満足してもらえるように、ネットショップ等を利用してコスト削減に努めましょう。豪華賞品故に重さのある景品は、当たったゲストに直接発送されるような配慮も大切です。第一にゲストの人たちの気持ちを考えて動くと、結果として二次会当日の盛り上がりに繋がります。

二次会の景品選びにおいて景品代はどのくらい確保しておくべきか

景品予算を決める際に大切なことは、全体の予算の三分の一を景品予算として確保出来るように、努めることです。ゲストは案外、二次会の中で豪華景品やプチギフトなどを楽しみにしている方が多いです。そのような機会に景品の数が少なかったり内容が良くなかったりすれば、二次会全体まで盛り下がってしまう可能性さえあります。メリハリのある景品を準備してゲストを楽しませてあげることが幹事の大切な役割の一つです。ゲストに喜ばれる景品と、盛り上がる景品の二点を意識しながら予算をしっかり組んで購入します。予算があまりない場合は、思い切ってゲームで景品を渡すことをやめてプチギフトだけにするといった臨機応変な対応も大切です。ただし、その際もなるべくバラエティーにとんだプチギフトを用意し、その場を盛り上げるきっかけ作りの一つに出来れば良いですね。